一般的に、円安になると日経平均株価は上がります。そして、逆に円高になれば日経平均株価は下がりますよね。そんなことで日経平均株価の銘柄も輸出企業が多く入っていますよね。円安になると、輸出企業は収益を上げることが出来ます。そうするとつられて日経平均株価も上がります。そんな仕組みです。

日本経済は、輸出企業が支えていると言っても過言ではありません。しかし、必ずしもそのような事になるとも限りませんよね。株価の他に為替と言うものがあります。「株価」と「為替」は基本的に全くの別物と言うことになります。『上場株』為替は世界中で取引されるものでもあります。

例えば、日経平均株価が下がりますよね。そして、その日にFRB(アメリカの連邦準備制度理事会の事で、アメリカの公定歩合、支払い準備率の決定など金融政策の策定、アメリカ国内の銀行の監視を行っている)が自国内に消極的な行動になると円高となります。

そして、ユーロ高の傾向になります。同じように考えてから、EUで金融危機状態になったら「円高」・「ドル高」傾向になります。ニュースなどで流れる為替情報については、「円対米ドル」や「円対ユーロ」が基本ですよね。「円高」と「円安」の目安と言うのは日経平均株価だけではありません。そう言っても良いのではないでしょうか。(汗)

投資に詳しくない人が株を始めたいと考えついたときは、できるだけ安全な資産運用の方法を考えることが大切です。

いきなり個別の株に投資するよりも、初めのうちはファンドなどから運用した方がよいかもしれません。

また、少し理解できるようになってから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。

株式投資を行う人の多くは購入している株をどのタイミングで売り抜けるかという点に頭を悩ませるかもしれないです。

けれども、天井付近で株式を売り抜けるのはかなり難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けることができるなら問題ないのではないのでしょうか。

株式を購入する際には、単元株式ではない、ミニ株に投資する手段もあります。

単元株では投資金額が高額すぎて購入できない株式を購入したい場合にはミニ株でちょっとずつ買い上げることによって、一度に大きなお金を用意することなくほしい銘柄を買い取ることができます。

株式投資の分野ではテクニカル指標を操って株の投資に携わっている人たちが大勢います。

その結果、株投資の初心者もテクニカル指数についてはおおまかに書籍などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝率が上昇するのではないでしょうか。

どのくらい上下するのかを時系列にまとめて確認するものとしてチャートを分析する投資家はたくさんいます。

例を挙げると、大幅に上髭の伸びた株のローソク足はこれから下降に転じるのではないかと分析することができますし、ローソク足を分析することで、売買のタイミングを決める材料になります。

株取引では株式チャートを参考にして売買するかどうかを判断する手法が存在しています。

そして、その1つの方法が押し目買いという名で知られている手法になります。

株価が移動平均線と接する値を底値と判断し、その底値に近づいた状態で株を購入する、というのが押し目買いという手法です。

これまでの経験に準じると、今後株価が上昇に転じる傾向が強くなるポイントといえます。

円安の意味とは、他国の通貨より円の価値が相対的に下落している状態をいいます。

円安がつづくと株が上がりやすくなる傾向があるようです。

輸入産業では、輸入にかかるコストが高くつくようになり減益となってしまいますが、逆に、輸出企業の業績は伸びます。

自動車や機械など、日本製品の販売が好調に転じやすくなり、その結果、業績が向上して、株価の上昇につながるのです。

株を始めたばかりの者は買い方がわからないものでしょう。

証券取り扱い会社の社員から相談に乗ってもらったり、株式に投資をしている知人に相談を持ちかけるなどして、株式の買い方の相談にのってもらうと良いでしょう。

また、デモトレードを使用して、学んでみるのも選択肢の一つかもしれません。

知っているとは思いますが、株取引には現物取引や信用取引があります。

まず初心者にはリスクの高い信用取引はおすすめしません。

自分の持金以内で投資ができる現物取引が間違いなくおすすめです。

入金した以上に損するリスクがありません。

また、株主優待を目的として長期投資するのも一つの投資方法と言えます。

株に不慣れであるのなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を開設することを提案します。

よくわからない確定申告の作業やわからないことを調べる時間をできるだけ短くして、その代り、株式投資のための情報を集めることに時間を割くことができるからです。

株の収益については、株価が変動したことで発生した利益と、配当によって会社からもらえる金銭という利益の二つのパターンがあります。

株価の変動を読むことは難しいと思っている初心者の方は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎回支払う会社の株を買うことで、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資の一つです。

株が未経験の方だけでなく、株式投資をする方のおおかたはできる限り手数料がチープなネット証券に口座を作るべきだと思います。

そのわけは、株式を売り買いする手数料が安価であれば株式投資の売買がかなり柔軟に対応できるからです。

これから株を始めてみたいと思い現在はバーチャルの取引で取り組んでいます。

今のところ順調で、かなり大きく勝ち越しているものの、いざ、本当の株の取引をすると簡単にいかなさそうです。

でも、この株のバーチャルによって得た感覚を大事にして、今年中には株の取引をしようと考えています。

株投資をしている会社員は会社で仕事をしている時は相場をチェックすることはできないので、基本的にはデイトレードのようなものは不可能です。

ですから、多くのサラリーマンの投資家たちは決算書を十分に読み、割安株を見つけ出し、投資しているみたいです。

株を売買するには、現物株の他にもいろいろな投資方法があります。

その中にはオプションがあります。

オプションといったものには買う権利のコールと売る権利であるプットがあって、おのおの売買でき、これら四つの組み合わせによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。

かなり魅力的な投資法ではありますが、豊かな知識が必要となります。

関連ページ